2018年3月開催済み Ch.パルメ&パピヨン・ブラン

【2018年3月開催】 

ボルドー&チーズ

 「Ch.パルメ&パピヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴーの会」 

 

P1280190.jpg P1280185.jpg                 

会場:関内ストラスヴァリウス JR関内駅徒歩4分

https://restaurant.ikyu.com/102264/info/

※ワイン基礎講座の修了ワイン会でお世話になっている

「ストラスブール」が大改装、新規オープンして店名を改めました。

 

会費:19,500円  定員:7名様 

 

マルゴー村のなかで一級シャトー・マルゴーに匹敵するといわれるのが

「Ch.パルメ」です。

パルメ独特の香り高いブーケ、複雑妖艶なアロマ、

そして滑らかなテクスチュアは飲む者を魅了して離しません。

私にとっても記憶に残るボルドーのひとつです。

 

ワイン造りの特徴は、メルロとカベルネ・ソーヴィニヨンの比率が約半々で、

メドック地区のワインとしてはメルロー比率が高いことが挙げられます。

これがマルゴーらしい香り高さや華やかさのほかに、

ポムロールのような豊かさや肉付きのよさを与えているのです。

 

メドック格付け3級ながら、もし格付け改編があったとしたら

「もっとも1級に近い」と言われるポテンシャルをお楽しみください。

 

そして白ワインは、Chマルゴーの約1/5しか生産されない貴重な

「パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー」を味わいます。

このワインの特徴は、ソーヴィニヨン・ブラン100%で造られること。

古くから所有している僅か12haの畑から本当に良質なブドウのみを

厳選しており、実際にワインに使われるブドウはなんと全体の30%。

グラン・ヴァンに匹敵する非常に厳しい選果を行っています。

ワインは樽で発酵させた後、澱の上で半年ほど熟成。

非常に濃密で旨味溢れる白ワインです。


味わいは凝縮感がありながらも、女性的な気品を備えたスタイル。

ソーヴィニヨン・ブラン単一とは思えないその高貴で純粋な味わいは、

「王妃」や「花嫁」に喩えられるほど。

メドック最高峰の白ワインとして、

長年ボルドーファンを魅了し続けている極上のボルドー・ブランです。

 

こじんまりと少人数で開催します。どうぞお早目にお申込みください。

 

【ワインアイテム】4種類

泡:クレマン・ド・ボルドーNV  2本用意

白:パピヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー 2015

赤:シャトー・パルメ2006

甘:シャトー・クーテ2006